忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ポジティブライフアドバイザーのジャニーです! 皆様の日常がポジティブに変わるヒントや、雑学、単なるボクの趣味についてなどを更新中!
カウンター
現在の訪問者数
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ジャニー
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/10/30
職業:
専門学生
趣味:
ストリートダンス、カラオケ、ビリヤードetc
自己紹介:
ポジティブライフアドバイザーのジャニーです^^
意味のある記事も、くだらない記事も、なんとなく書いています!
更新をしていない期間はとてつもなく忙しい時だと思っていただけるとありがたいです!

【関心】ダンス、踊ってみた、ジャグリング、心理学、ストレス・うつ・自殺の予防、メンタルヘルス、福祉、教育、社会問題、、地域活性化、妄想、お喋り、お酒etc
【twitter】weedonweedon
【skype】weedonweedon
【mixi】id=17076088
【メール】weed_reise_master@yahoo.co.jp
【ニコ動マイリスト】mylist/25003517
【facebook】中井裕規で検索!
サイトマスター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーも、ポジティブライフアドバイザーのジャニーです!
これ言うの久々な気がしますw

今回はタイトルから「自殺」なんて重い言葉が書いていて、びびっちゃいますかね?^^;

皆さんは自殺と聞くと、どんなことを思われるでしょうか?
最近は「自死」という言葉も使われるようになりましたが、注目度のとても大きなトピックには違い有りませんねぇ。

ボクは自殺と聞くと、ストレスが溜まってなんやらかんやらした後の最終的で最悪のゴールが自殺やと思います
その中には経済問題、人間関係、仕事の悩みなどなど様々な問題があって複雑なものでもありますねぇ

今日今し方、
http://japan.digitaldj-network.com/articles/14428.html
に載っているドキュメンタリー映画を見ました

『自殺者1万人を救う戦い』というもので、アイルランド人が作ったもののようです
でも、テーマは日本の自殺です

日本人の自殺は10年以上もの間、3万人を超えていて、去年の自殺がやっと3万人を下回ったところです
これが一時的なものなのか、政府の様々な活動などによる効果なのかはまだ分かりませんが、多くの人が自殺対策に取り組んでいる成果で、自殺者数が減少傾向であることは言えると思います

この映画は約1時間のものなので、ドラマを1話見たり、アニメを2話見たりするのを録画して少し遅らせていただければ見れる内容です
専門的な話ではなく、とても分かりやすい内容でした

自殺には様々な問題が絡んでいると上にも書きましたが、自殺対策について様々な視点から話されているのも興味深いところです
例えばメディアの報道の仕方について、自殺の方法について、精神科医療、経済問題、仕事の問題などなどです

リストカットは自殺の為ではなく、生きる為にするんだという話もよく聞きますが、リストカットの危険性についても話されていました
リストカットは若い女性に多いですが、自傷するほどストレスが溜まっているというのは、自殺への注意信号であることは間違いないですからね

また、目を引いたのは、映画の最中に何度か「精神保健福祉士」という言葉が出てきたことです
日本ではまだまだマイナーな職種ですが、進んでいる国ではソーシャルワーカーと言えばメジャーな職種であり、その活用の重要性がよく言われています
日本でも精神保健福祉士をもっと活用していただきたいものですね!

是非1時間、時間を作っていただき、動画を見て頂きたいです
そして、皆さんのご意見などお伺い出来れば嬉しいです是非映画を見て頂きたいので、良ければfacebookでいいね!をしていただくとか、ツイッターでツイートしていただけると嬉しいです!
PR
どーもー
ジャニーでーす
のばし棒「ー」大目でーすw

facebookを見ていると、路上で音楽活動をしている時藤夕樹さんがこんな記事を貼っていました。

ストリートライブ(路上ライブ)やりたいなら筋通せ
http://ameblo.jp/butsukusatv/entry-11196360855.html

内容は、簡単に言うと「路上で活動してるやつ、許可とってないなら法律違反で犯罪行為だぞ!」というようなもの。

ダンスやguchibankなどで路上での活動とは縁のある私、ジャニー。
色々考えるところがありました。

facebookでは意見の一つとして、法律は誰かを守るためのものだという話を挙げている方が居ました。
私もそう思います。
じゃぁ、誰を守るためのものなのでしょうか?
ボクは「公共の福祉」だと思います。
簡単に言うと「皆の幸せ」です。
人によって幸せの感じ方が違うので、現実的に皆が幸せになるというのは難しいですが、大きな迷惑にならなければ良いのではないかとボクは思います。

もし、私有地であれば優先順位として地権者の利益が最優先されるべきなので、そこに「NO!」と言われればそれに従うべきでしょう。
私有地であっても駅など公共の場所だと、公共物に準じて考えられるので、地権者よりも駅の利用者などの利益が優先されるべきでしょう。

そういう風に考えると、お咎めなしなら、公共の福祉に反しないという意味で許可ではないけど拒否ではないという意味でセーフなのかなと思います。
そら、お咎めなしでも看板とかで禁止!って書いてあれば別ですがー。

下手糞な演奏で雑音だと言われて拒否されることもあるでしょうが、上手過ぎる演奏でギャラリーが多くて邪魔だから拒否という事もあるでしょう。
大事なのは演奏の上手い下手ではなくて、公共の福祉ですから。

ただ、許可を取っていたとしても、路上で活動する限り誰に何言われても真摯に対応することと、誰かには迷惑をかけているという気持ちと姿勢、お咎めなしで見逃してくれている地権者や一般の人への感謝は常に忘れちゃならないかなと思います。
それが無くなってしまうと、法律とかパフォーマンスのレベルと関係なく、人として・・・という話になってくると思います。

法律に関する知識はありませんので、もし詳しい人がいれば教えてくださいm(_ _)m

ふと、違和感を感じたことからつらつらと単なる思い付きを記します。

福祉の業界では、資格なんて大したものじゃなくて、運転免許みたいにとりあえず「有ります」くらいのものだ。・・・なんてことがよく言われる。
その割に、職員の求人を見ていると、子ども・障害者・高齢者など分野に関わらず、応募要件に資格がほぼ必ず載っている。
ボランティアやちょっとしたアルバイトの募集でさえ有資格者を募集していることは珍しくない。

対人関係の仕事だし、知識も必要だし、個人情報もよく扱うしで、資格があるということは一定の信頼性を保証できるものであろうから、有資格者を募集する意味はわかる。
けど一方で、資格は無くても関心や志のある人だっているわけで、福祉の業界が一般社会から福祉への門戸を自ら閉ざしている状態のように感じる。

だから余計に福祉業界は一般社会と乖離した部分がよくあると言われるのだろう。

福祉では「ノーマライゼーション」や「共生社会」の実現を高らかに謳っているが、自ら遠ざかっているように感じざるを得ない。

もっと門戸を大きく開けて、多様な担い手を集め、育てる必要があろう。
先週の金曜日に、第2回ジャニ勉を実施しました!
ジャニ勉とは、ボクが主催している勉強会で、勉強をしよう!というよりも、集まる機会を作ろう!というのが理念の集まりです

今回は同級生の青木さんと谷口さんにお話をしていただきました。

谷口さんは病院で勤めておられ、現在抱えている課題から、精神科医療の課題を発表して下さいました。
職種間の連携の不十分さ、仕事の量の多さによって患者の退院支援に手が回りきらないことなどが中心的な話題でした。

病院は多職種が集まっている為、職種間の連携は重要です。
しかし、それぞれの持っている知識や情報、言語(専門用語)の違いなど、連携を阻む要因がいくつもあります。
それを乗りこえ、いかに良い支援を行うかを常に考える必要があると感じました。
これは病院だけでなく、また福祉業界に限らず、色々なところで努力や工夫がされているところだと思うので、様々なところからの意見を聞いてみたいですね!

青木さんは地域の施設(いわゆる作業所)と、訪問介護の事業所のWワークをされています。
施設では、利用者の社会参加として、就労を大きな目標として掲げた支援が行われているそうです。
訪問介護の事業所では、青木さんの持つヘルパーの資格と、PSW資格と両方を活かした支援を行うことと、同時にいかに福祉業界でお金を回すかということを考えておられました。

社会復帰・社会参加=就労 ではありませんが、仕事によって得られるものは誰しも大きいと思います
例えば人の役に立ちたいという欲求が満たされたり、結果を出せば認められたいという欲求が満たされ、また人と関わるというのは精神障害者の多くの方にとって社会的なリハビリとしての要素も持ちます
その為、就労を目指した支援を行っている事業所は多いです

就労の実現の為にどうするべきか?障害者と言うのを出すべきか出さぬべきか、就労の訓練の為の作業の内容をどういう風に工夫するかなど試行錯誤が常に絶えない話だと思います。

また、福祉業界の収入は、国や地方公共団体からの助成金が大きなものとなっています。
しかし、それに頼っているばかりでは、助成金の削減などによって事業所の経営が左右されるなどの問題も生じます。
その為、優先順位は高くなくとも営利的な活動について考える必要があるとボクは考えています。
福祉業界の特徴的に営利活動というのは難しい部分はありますが、企業経営の視点なども取り込んで考えて行く必要があると考えられます。


今回は先生を含め7名の参加をいただきました。
場所の確保など、勉強会の運営の問題も抱えているのですが、継続していけたらなと思います!
どーもどーも
ブログ更新しない間に、6月も6日になってしましましたねぇ
ジャニーでございます~

今回は「人と揉めやすい人が気を付けるべきこと!」というお話をしようかと思います

ある人が「人と言う字は、人と人が支え合って出来ているんです」ということを昔昔に言っていた気がしますが
実際、何かしら誰かと関わり合って生活をしていることは間違いないと思います

人と関わると避けたいのが「もめごと」ですよねw

でも、なんでか知らんけど、「人と口論することが多いー」、「怒られることが多いー」、「イラッとする事が多いー」なんて人いませんか?
それは意思疎通が十分に出来ていないからかもしれません!

ということで、今回は十分な意思疎通をするために、気をつけたいことを紹介しまっす!

まずよくあるパターンがこれ
「激しい言い合いになる」

言い合いというのは、お互いが自分の主張を強めている状態だと捉えなおすことができます
もっと崩して言うと、お互いが言いたい放題の状態ですねw

この時に気をつけたいのは「相手の話を聞く」ということです
自分の主張をしたい時ほど、相手の話を聞くことを優先すると良いかもしれません
まず、相手に言いたいだけ言わせてあげるのです
相手が落ち着いてから、自分の話をしはじめることによって、お互いが妙にヒートアップすることはなくなります
話が被ると、自分の話を通そうとするために、語気を強めて言い合いをすることになるんですよねぇ^^;


次にお話するのは
「自分のことが理解されず、納得できない怒られ方をする」というパターンです

これは、相手に自分の考えや気持ちが伝わっていないせいで発生し易いことですよね
なので、伝え方に注意しなければなりません

例えばどんなところに注意するのかというと
①言葉づかい・・・丁寧に話をすることは常識のことなんですけどねw
②伝える内容を整理する・・・何が事実で何が推測なのか、何が聞いた話で何が見た話なのか、何が原因で何が結果なのか、時系列で話すのか結論を先に話すのかなどなど。伝わる為に、ちょっと過剰に丁寧に伝えるように話を整理する必要がありますね!
③まずは相手に理解をしめす・・・相手がどういう風な状況にあるのかを理解し、それを言葉にして確認してから、自分のことを話し始めると相手は安心感をもって話を聞いてくれることでしょう!


では最後に「イラッとする事が多い」という場合を考えます

イラッとするということは、相手に不満を感じているということですね
まずはその不満を自分の中で整理して、何が不満なのかを考え直しましょう
しかし、イラッとしている時は、自分の気持ちが先走ってしまって、相手のことが見えない状態になってしまうことがよくあります
イラッとした相手は、どうして自分をイラッとさせる結果になったのかを考え直す必要がありますね!
そして、自分の不満を整理したら、それは事実なのか、憶測なのか、他に考えられることはないかを確認します

例えば「寝ていて親に起こされてイラッとした」というのは学生時代によくある話ですw
この場合「自分はもっと寝ていたいのに起こされたから、イラッとした」ということを整理して確認したとします
「親は自分が遅刻しないために起こしてくれたんだ」と相手のしたことを考え直します
そして「もっと寝たいからイラッとしたことは事実だけれども、起こしてくれた親には感謝しないといけない」と他の考え方を見つけることが出来ます

こんだけ冷静に上手く出来れば苦労はしないんですが、一時の感情で人とぶつかってもめ事になることを考えれば、一度冷静になって考え直してみるということは試してみても損は無いんじゃないかと思いますね!


人と関わる中で悩みは尽きないと思います^^;
しかし、悩みを悩みのままおいておくと、しんどくなってくるので、良い対処法を見つけておくことは大事です!
もし「こんなことで悩んでいますー」ということがあれば、良い方法を是非一緒に考えたいと思いますので、コメントやメールをお待ちしております^^
 1  2  3  4  5  6  ≫
ブログ内検索
最新コメント
[12/11 最高級スーパーコピー時計ブランド専門店]
[12/11 最高級スーパーコピー時計ブランド専門店]
[12/01 小野]
[11/26 しずこ]
[11/23 シャネル コピー]
バーコード
アクセス解析
滞在時間
記事別アクセス推移
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]